• 免疫療法
  • 交通アクセス
  • よくあるご質問
  • 癌治療お問い合わせ
  • サイトマップ

癌治療・再発予防として免疫療法・免疫細胞療法
医療法人順正会 横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック

症例・実績紹介

実績・学会論文の紹介

免疫療法が紹介されている論文の一部です。

テーマ
Clinical experience with In-111 labeled LAK cells and TILs for tumor localization.
Kushida K, Uno K, Ono Y, Tsukuda M, Arimizu N.
記入者
Radiolabeled Cellular Blood Elements, 239-245, 2000
概要
培養した活性化自己リンパ球が、がんの部位に到達しているという事実を明らかにした極めて価値の高い論文。
テーマ
Induction of lymphokine-activated cytotoxic T lymphocytes stimulated by dendritic cells and autologos tumor a patient with gastric cncer and their effects in vitro.
Yoshikawa T, Tsuburya A, Kobayashi , Sairenju M, Motohashi H.
記入者
Hepatogastroenterology, 60 :554-561, 2003
概要
樹状細胞によって活性化したリンパ球を培養増殖すると自己のがん細胞を効率よく破壊するという重要な論文。
テーマ
Antitumor activity of acombination trastuzumab(Herceptin)and oral fluoropyrimidine S-1 on human epideremal growth factor 2-overexpressing pancreatic cancer.
Saeki H,S,Takemiya S,Akaike M,Imada T.
記入者
ONCOLOGY REPORT 18:433-439,2007
概要
活性化自己リンパ球との抗体医薬品と経口抗癌剤による難治性の膵臓癌に対する併用効果を検討した論文。
テーマ
悪性脳腫瘍に対する養子免疫療法の経験
西村 敏、久間 祥多、林 明宗、関戸 謙一、伊藤 進
記入者
ニュウロオンコロジー、10(2)、2000
概要
脳腫瘍17症例を対象とした免疫細胞療法の結果。外来通院可能、効果が有り、患者のQOL(生活の質、レベル)上、とても有意義であったという論文。
テーマ
養子免疫療法を併用した低用量抗癌剤による切除不能Ⅳ型胃癌に対する効果
吉川 貴巳、円谷 彰、小林 理、西連寺意勲、本橋久彦
記入者
バイオテラピィ、13(1)、96-98、1999
概要
手術不能胃癌に対する、免疫療法と少量の抗癌剤による併用治療。画像上は不変であったが、食欲等の全身状態の改善効果が顕著であった症例報告。

ご予約・お問い合わせ

045-371-0376 火~金曜/10:00~16:00、土曜/10:00~13:00
インターネットからのお問い合わせはフォームをごご利用下さい。
患者さまお問い合わせご家族お問い合わせ24時間受け付けております。
ページのトップに戻る
ご予約・お問い合わせ
045-371-2511
お問合わせフォーム
  • 患者さまお問い合わせ
  • ご家族お問い合わせ
  • 24時間受け付け
資料請求